おばさん大学生②

“COCO姐さん”

押忍!ママの眼精疲労は寝たら治ったぞ!

1日スキップしましたが

前回からお伝えしているおばさん大学生の実態(?)

3年生になってゼミに入ったら、自分の時間はまるでなくなり

4年生になって卒論生になったら・・・地獄を見ましたε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

マジ逃げようかと思ったよ。長文ご容赦!

3年次(ゼミ+講義)

無事に第一希望のゼミへ入れたのですが

毎週所沢キャンパスまで通う生活になりました。

(通学生の子達と一緒です。)

3年次はまだ卒業要件の単位を取得する期間で

8〜11講義を1週間で視聴しながらのゼミ生活。

朝会社へ1時間早く行って、食堂で講義視聴。

ゼミのある日は、午後休取得して車で大学へ行き、

ゼミが始まるまで講義を視聴するか、ゼミの課題をやり、

夜は疲れて寝ちゃうので、週末まとめて残りの講義視聴とゼミ課題・・・

ほぼ記憶がありません。

(熱はあるけど課題をやる図)

秋には体調を崩し、高熱と咳で2ヶ月通院したのですが

その時発表の順番だったので、酷い声でゼミの発表もしたな・・・(遠い目)

大学なんで、一応夏休み・冬休みがあるのですが、

夏休みは、学会参加とその後の課題、検定受験が必須だったのでその勉強、

冬休みは、プレ卒論のテーマの検討や発表の準備、卒論テーマが決まらず、
チェックが入っては、資料作り直し対応ばかりやってました。

とにかく時間に追われてる1年でした。
(すみません、夏にハワイには行ったわ、辛すぎて。)

(行き倒れの図。うちのソファは常に密です)

4年次(卒論生)

4年になったら、残す必須単位はあと1講義+卒論。

講義を受ける負荷はかなり低減、

世はコロナ禍だったので、ゼミもzoomでのリモート開催となり
通学の負荷もなくなったのですが、

長期間続く細かい締切ストレスと果てしなく続くダメ出しに
苦しめられた1年間でしたね。時系列でどうぞ!

——————————————————————-

2月 卒論構想を練るも、何度もダメ出しを受ける

3月末 リモート開催につき卒論の構想発表の資料(レジュメとパワポ)と発表動画を自分でビデオに撮って提出
→犬の動画は何度も作ってるのに、自撮りの編集に苦しむ

4月〜7月 この間、テーマダメ出しの日々。中退を真剣に考える。

8月 やっとなんとなーくテーマが固まったので大学へ倫理審査提出

9月〜10月 仕事の締切ピーク(この頃は卒論に手がつけられなかった)
→仕事の締切にも苦しめられるなんて(涙)

10月 卒論中間発表会(またレジュメとパワポのダメ出しの日々)
→この頃ほぼヤケクソ

11月 大学へ卒論題目最終報告と、卒論でとったアンケートの分析作業と
本文を少し書き始める
→長期休暇を取得したが、分析方法の理解だけで休みが終わった。

12月 分析方法に指摘が入り、再度分析作業と、本文と要旨の書き直し
→また長期休暇を取得し、集中して取り組みゼミ内の提出は間に合う。

1月 またまた分析方法に指摘が入り、再々分析作業と本文と要旨の書き直し
&パセの闘病、パセの手術前になんとか提出。
→また書き直し?かよとヤケになる。提出期間中はパセの闘病と重なり
肉体的にも精神的にも限界の中、ヘロヘロになりながら提出。

(instagramにもUPした画像。パセのCT撮影待ち時間に本文を書いてました)

つい先日 卒論口頭試問(大学公式)
→辛かった1年間を10分間の発表に全部ぶつけました(笑)

(緊急事態宣言中につき大学初のリモート卒論発表会。
発表時はパワポ資料を共有画面に投影し、発表します。)

卒論テーマ

こんだけ苦しんで何書いたのさ?ですが、

詳細は諸事情により書けないけど

もともと、ストレスマネジメントに興味があったので、

「労働者のストレスを低減するには、何と何を組み合わせれば効果があるか?」
というテーマで数百人からアンケートをとって分析しました。

例えば、仕事と生活のバランスが良くて、職場のコミュニケーションスキルも
高ければ、ストレス低減に効果がある?みたいな。

私が行った学部は、専攻が臨床心理学ではなくても全員「統計学」が必須。
臨床心理学を専攻する場合は調査法の講義も選択し、
Excelに計算式を自分で入れて分析をする練習をします。

これが本当にワケが分からなくて(笑)

実際の分析は、自分で計算とかせず、専用ソフトで瞬時にやっちゃうんだけど
その専用ソフトも意味がわかってないと使えないやつで

本とか買い込んで、読んでも意味不明。
ソフトの扱い方も、出た結果の見方も意味不明(涙)

ゼミの先輩方に沢山教えてもらって進められたって感じです。

卒業後の進路

本当は大学院もちらっと考えていました。

でも、卒論生の1年間、仕事と両立するだけでも精一杯なのに、

院試の準備なんてとっても無理でした。

今の仕事は辞めるつもりもなく、心理職に就きたいわけではないし。

でもせっかく学んだ心理学、今後どうするかはこれから考えます。

結論

とりあえず、20代に達成できなくて心残りだった
大卒資格が得られたこと、
最短で卒業する目標が達成できたのはめっちゃ嬉しいです。

やってみて、年齢は関係ないってわかったけど
「おすすめです」とは簡単には言えない(笑)

ま、やり残したことは
いくつになってもできるってことです。

さて、次は何を目標にしましょうかね^^

(犬たちがいてくれたお陰で、頑張れたのかも)

↓ま、頑張ったよねって肩叩く感じで押してね!

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村
↑励みになりますので応援よろしくです!

4 COMMENTS

のりじ

前にも言ったけど、ホント何人分の人生を生きてるんだろうねえ。
なんでそこまで自分を追い込めるんだろう。
アレだね、自己完結型のSM体質なんだね。
だったら次の目標はボディビルなんかどうだろう。
ムッキムキ間違いなしよ~^m^

返信する
mippy

一人分だよ(笑)
そんな、何人もの人生、生きれないから(笑)
欲張りなだけなのさ。
ボディビルは、ないな!
自己完結型SMは、…あるな(笑)

返信する
mippy

ありがとう。
そんなこと言ってくれるのジョディマだけ〜。
ただ、キラキラはしてなくて、ボロボロだけどね(笑)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です